カスタムメニューを表示

カスタムメニュー有効にして、メニューを表示する位置を登録するために、以下のソースコードをfunctions.phpに記述。
メニューの位置を登録する連想配列のキーにはメニュー位置のスラッグ名を指定し、値にはメニュー位置の表示名を指定。

register_nav_menus( array(
   'global' => 'グローバル',
   'side'   => 'サイド',
   'footer' => 'フッター'
) );

メニュー位置「グローバル」に設定をしたメニューを出力

<?php
// 引数に指定したメニューの位置にメニューが設定してある場合。引数にはregister_nav_menus()で登録したスラッグ名を指定
if ( has_nav_menu( 'global' )){
	// メニューの設定を配列で指定
	$args = array(
		// 表示させるメニューを、register_nav_menus()で登録したスラッグ名で指定。初期値はなし
		'theme_location' => 'global',
		// ul要素を囲むかどうか。使えるタグはdiv、nav。囲まない場合はfalseを指定。初期値はdiv
		'container'      => false,
		// メニューのリンク前に表示するテキスト。初期値はなし
		'link_before'    => '<span>',
		// メニューのリンク後に表示するテキスト。初期値はなし
		'link_after'     => '</span>',
		// メニュー項目を囲むタグ。囲むタグをなしにする場合でも、パラメータを指定し %3$s の記述が必須
		'items_wrap'     =>'<ul>%3$s</ul>'
	);
	// メニューを表示
	wp_nav_menu( $args ); 
}; 
?>