array文(配列)について

array文(配列)を覚える

array文は、配列を使う際に用いる。
配列というのはデータを沢山入れられる箱の様な役割。
自分でデータを入れられる数を決めたり、配列の名前を決めたりする事が可能。

配列中の各データを配列の要素(element)という。 配列にはその配列全体を指すための名前(配列名)がつく。

array文を使った連想配列の作り方

<?php $fruits = array( 'appple' => 'リンゴ',
'banana' => 'バナナ',
'strawberry' => '苺'
);

echo  $fruits['banana'];
?>

実行結果:バナナ
といったように、連想配列では「=>」の記号を使って、キーと値に割り当てている。
もしWordPressでこのような記述を見かけたら、連想配列でキーを値に割り当てていると思うとベスト

WordPressでのarray文の使い方を知る

テーマの中でのみ利用可能になる独自関数というものが設定できる。
独自関数を設定するファイルは、「functions.php」だ。
このファイルで設定を行わなければ、WordPressの管理画面上でウィジェットの利用や、カスタムメニューの利用は不可能。

functions.phpでサイドバーのウィジェット利用できるようにする記述内容

<?php register_sidebar( array( 'name' => 'サイドバーのウィジェット',
'id' => 'sidebar',
'description' => 'サイドバーのウィジェットエリア',
'before_widget' => '
<div id="%1$s" class="widget %2$s">',
'after_widget' => '</div>

',
) );
?>